BUSINESS CONTENT

マーベルの業務 眼鏡部品の精度、品質にこだわりを持って
小ロット高品質化で世界との差別化を図る

めがね製造に関する全工程を自社で行える製造メーカーは限られています。
私たちは、製造メーカーからの断片的な製造工程ニーズに応えるべく、
多数の協力会社と共にめがねを作り上げていくことを得意としています。
また、自社工場ではプラスチック製品を中心にフレーム及び、部品の切削・加工を行っています。

A

フレーム

  • フロント
  • 前枠
  • ワッパ etc

B

パッド(鼻あて)

C

丁番

  • 枠丁番
  • 腕丁番
  • カシメ丁番
  • 駒 etc

D

テンプル

  • セル手
  • モダン
  • 芯張り etc
めがねの部品紹介
  1. A

    フレーム

    • フロント
    • 前枠
    • ワッパ etc
  2. B

    パッド(鼻あて)

  3. C

    丁番

    • 枠丁番
    • 腕丁番
    • カシメ丁番
    • 駒 etc
  4. D

    テンプル

    • セル手
    • モダン
    • 芯張り etc
  1. A

    フレーム
  2. B

    パッド(鼻あて)
  3. C

    丁番
  4. D

    テンプル

BUSINESS

フロント切削FRONT CUTTING

5000色以上ある板状のめがね専用生地を、必要寸法に裁断し、熱を加え顔面に沿うようにカーブをいれます。
切削機で玉型(レンズが入る部位)を最初に加工し、外形(めがねのかたちに)切削を行います。
様々な形状に削りだすために、複数の専用刃物を使用し切削していきます。

フロント切削

BUSINESS

二次加工SECOND PROCESSING

構造形成・装飾を目的とした二次加工を行います。
加工種類は、切削工程から熱を加えるもの、特殊な薬品を塗布するものなど多岐にわたります。
それぞれの工程順が製品により変わるので、生産管理は勿論のこと、完成までの工程を組み立てることが最も重要になります。

■取扱い種類
  • メタル(テンプル・パーツ)
  • プラスチック(テンプル・モダン・フロント・パーツ)
二次加工

BUSINESS

バフ研磨・バレル研磨BUFF POLISHING

表面研磨を行う工程ですが、大きく荒・中・仕上げ工程に分かれます。
品物の形状・材質により、研磨方法が著しく変化することが多く、職人の技術が必要とされます。
品質を選別する際に、重要視されることが多く、各メーカーが最も力を入れている工程です。

バフ研磨・バレル研磨

BUSINESS

キャスト部品CAST PARTS

元々はアクセサリーなどに使用される技術ですが、鋳造の際、異素材を加えることで剛性を出し、めがね部品製造にも使用されます。
プレス加工や、切削加工では量産が難しい複雑な形状品を量産化することを得意としています。

■取扱い種類
シルバー/ベリー銅/ステンレス/K18
キャスト部品

WHAT WE CAN DO

Made in Japanクオリティでめがねフレームをつくりたい…
そんな個人様・企業様はお気軽にお問合せください。

有限会社マーベルでは職人ならではの様々な技術・アイデアで、満足度の高いめがねフレームを企画デザインからご提案することも可能です。また、試作品の製作も承っております。
めがねフレームのことならマーベルにお気軽にご相談ください。

マーベルがお手伝いできること

  • 図面作成(手書きデザインからでも図面作成可)
  • 試作品製作
  • 装飾品の加工(メタルパーツ・シルバーパーツ・金・ステン加工)
  • めがねフレームに関わる全ての材料手配
  • OEM(ブランド様による委託製造)

など、お気軽にご相談ください。

MARVEL SKILL

めがね業界だけにとどまらないマーベルの技術

めがねフレームに関わらず小物・アクセサリーの金型製造から素材加工まで承ります。
多彩な素材で発揮される、熟練された技術が生みだす加工品は、
製品への高い付加価値となることでしょう。